2008-05-03 (土)  11:50
953 :名無しさん@HOME :02/07/07 15:43
墓ネタといえば、
夫が頓死した父に150マソも出してたててやった。(母にせびられた)
貯金がゼロになりむっとしてた私に、義母が
「あなたのお墓もできたってことだし、安心じゃない」とフォローし
反射的に私は「いえ、私のは別につくりますから」

当時は気付かなかったが勇者だったかも。
墓の意味とか、考えたことなかんたんだよ。
墓と言えば、くそ田舎の薄暗い寺の墓地より、ピクニックできる明るい広い、
公園墓地のイメージしかなかったから。。。
小ねたすまそ。
記事No. 3163 |  スカ 1~10  5  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  TOP▲
2008-05-03 (土)  11:49
924 :名無しさん@HOME :02/07/06 23:32
以前姑に言われたスレで義妹夫婦の保証人になってしまった
ダンナを持つものです。今日、ダンナ実家に行ってきました。

案の定、義妹が来てました。今までの不手際を詫びる事もありませんでした。
義妹とうちは3ヶ月違いで同学年になる男の子を最近出産し、
その上私の弟の名前を自分の息子につけやがった奴らです。
当然今日も息子を連れてダンナとともに3人で実家に行ったのですが、
何かにつけて張り合おうとする。
義妹「今○○(息子)どのくらい大きくなった~?」
私「7ヶ月で8500ぐらいです」
義妹「ふーん、うちの△(甥)は4ヶ月で7500よー、□(姪)も
   7ヶ月のころは9キロ越えてたわよー。○○と△じゃ頭の大きさが
   全然違うわー。頭でかーい」
・・・とか、とにかくどうでもいいことで勝ちを見つけたがる。
うちが勝ってると思われることは無言で返事をしない。
その甥っ子はちょっと部再区で、うちの子がかわいいと
言われるとあからさまにムッとした顔をする。

あまりにしつこいし、頭にきたので
義妹「△(甥)ってさ、□(姪)に似てるかなあ?」
私「ほっぺたがパンパンなところと、鼻の穴が上向いてるところなんか
  そっくりですねえ。目から下なんて絶対兄弟ってわかりますよー」
(鼻の穴が上向いてるのは義妹と同じ)

さすがに無言になってやんの。ざまあみろ。
でも子供に罪はないんだよねえ。
子供がまだ話の内容がわからない年でよかった。
記事No. 3162 |  スカ 1~10  5  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  TOP▲
2008-05-03 (土)  11:48
911 :名無しさん@HOME :02/07/06 22:38
自分の話じゃなくて母と母の小姑(つまり私の叔母)達との話なんですが……

祖母が亡くなって以来、祖母の家は住む人もなく空き家になっていました。
名義は既に私の父(末っ子で長男)になっているのですが、叔母ふたりはしょっちゅう
ああしろこうしろとうるさい。
田舎は栃木で、叔母たちは栃木県内在住。父は横浜在住。
しょっちゅう祖母の家を見に行ってはやれ植木が伸びてるから植木屋を手配しろだの
どこそこの窓が破られているから直せだの……
空き家をそのままにしてると近所の人にとって物騒だから父も気を使って
その近所のおうちに「目配りしていただいてるのだから」と品物やちょっとしたお金を
包んで回ったりしてました。

そういう父に対して金も手も出さず口だけ出す叔母たち。
一度、近くの企業から社宅として借りさせてほしいという話があったんですが
ド田舎なので滅多にないいい話だと思ったのに叔母たちが大反対。
「この私の実家がなくなってしまうじゃないの!私の実家なのよ!!」
と大騒ぎ。結局、この話はお断りしました。
そのまま空き家にしておいたら案の定高校生が入り込んでたばこを吸ってただのと
色々起きたので、再び親族会議に。
「もう、取り壊してさら地にするしかないよ」と、父が言っても
「許せない!せめてなにか建物を建てておいて!!私の実家(略)」(←金を出す気は一切なし)

キレた母がほほえんだまま、ピシッと通る声で言いました。
「いっそ○○○子(叔母の名前)生誕の地という石碑でも建てておけば満足なさるんでしょう。
住みもしない、また問題を生む記念館もどきの空き家なんてお金かけて建てるよりはいいわ。
お望みなら建てますよ。おねえさんがたがご近所になにを言われてもあとは知りませんけど。
こちらはおねえさんたちが望んだのでこうなったと説明します。
石碑を建てられるに値するだけの功績などの碑文はご自分たちでお考えになってください。
私は思いつきませんもの」

しーんとなった後、叔母の配偶者である叔父の爆笑で沈黙が破られました。
叔父は「よく言ったよ、ほんと」と大喜びでした。
叔母達はもじもじしてその後は言葉すくなになり、結局取り壊しだけに決定しました。
その後、物陰から叔母の息子のお嫁さんが母に向かって「グッジョブ!」という感じの
目配せを送ってきていたらしいです。


915 :911 :02/07/06 22:58
>>913
そのお嫁さんは大変だと思いますからね。
けっこうその人も勇者っぽいとこあるので一度じっくり話してみたい気もするんですけど(笑)
なにせ、その叔母は自分のことを棚にあげて最近は嫁姑問題で講演して回ってるってんですから。
田舎のばあさん教師の最悪な例です。
その界隈じゃ「田中真紀子気取り」と言われてるらしいです。
記事No. 3161 |  スカ 1~10  5  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  TOP▲
2008-05-02 (金)  11:45
872 :名無しさん@HOME :02/07/06 20:56
ちょっと違うし、まだ義理家族でもないけど。

結婚します報告を兼ねて彼の家に初めて招待された日、
和気藹々と和やかに彼両親+妹夫婦&子供+彼と私の7人で
食事していました。
そこで、彼父の若かりしころの浮気話や、妹夫の浮気話になり
「〇〇さんも、この子がそんなことしたら言っておいでよ、叱ってあげるからね」
って彼母に言われましたが
「いえ、浮気したら別れますから(にっこり)」
と本音で言ってしまいました。
男は浮気するものだ(しても帰ってくればよし)という風潮には馴染みたくない
私のクロスカウンターでした。
彼父母は、私を見かけに似合わず気の強いちょっと怖い子だと思ってるようです。

そんな私は、きっと何を言われてももう言い返せるでしょう。
やっぱり最初が肝心かも。
記事No. 3160 |  スカ 1~10  5  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  TOP▲
2008-05-02 (金)  11:44
871 :名無しさん@HOME :02/07/06 20:52
毎年この時期になると姑から
「お盆の帰省の切符はもう買ったの?いつ帰ってくるの?」とうざい電話がかかってくる
去年は私が入院中だったおかげで行かずにすんだんだけど、その分反動で今年の「いつもどる」攻撃がすごくなってる(汗)

姑「切符買った?」
私「Tさん(夫)は○月○日、私は翌日の切符を買いました」
姑「なんで一緒に来ないの?あなただけ先に来てもいいくらいなのに(家事労働させる気満々)」
私「お盆ですから、先祖のとこへお墓参りに行くんです」
姑「???(アホなので理解できず)」
私「ですから、それぞれ自分の実家で先祖をおまつりするんですよ」
姑「!(やっと理解した)そんな身勝手なっ!お盆に夫だけ返すなんてご近所がどう思うか」
私「知ったこちゃないです(笑)そちらのお墓の面倒を見る気はないですし」

最後のがトドメだったらしく姑はひ~って高い声で叫んで電話切った(勝利
記事No. 3159 |  スカ 1~10  5  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  TOP▲
2008-05-02 (金)  11:44
869 :名無しさん@HOME :02/07/06 20:35
私は結婚して最初に舅から
「親が白いものを黒と言えば、黒と思いなさい」
「実の親と会う時はこちらの了解を得て会うように」
と無理難題を言われました。
恋愛結婚で、わたしたちの結婚に大反対だったので
イジメだったのでしょうね
そこで私は
「そんなこと言えませんし、できません!
主人に聞いてみますが、同じことを言うようなら離婚します!
そもそもあなたの息子さんが私に泣いて結婚してくれと頼んだ
から結婚したんですよ」
年上の両親に怯むことなく言ってからは、わたしを
怖いと思うようで、何でも下手に出るようになりました
主人に愛されている自信があったから言えたのですが、
本気で言ったんです 
最初が肝腎ですね
記事No. 3158 |  スカ 1~10  5  |  TB(0)  |  コメント(4)  |  TOP▲
2008-05-02 (金)  11:44
864 :名無しさん@HOME :02/07/06 18:58
話題としては育児板っぽいのですが・・・。
友達がいないというか、バカで超自己中なので友人らしきものができても
すぐ逃げられ、結局は血縁者(叔母や義妹)にしか相手にしてもらえない姑。
血縁者マンセーな奴にとって、孫を自分に懐かせることは死活問題。
だから妊娠中から干渉しまくりでしたが、
子供が生まれてからはいっそうエスカレートしました。
合鍵は何とか死守したものの、連日のアポなし訪問&長時間居座りに参っています。
一人で来られるだけでもうっとうしいのに、叔母(姑妹)たちまで
引き連れて来ては子供をこねくり回していきます。
夫にあのババア共をどうにかしろ、と訴えても、今更オフクロを
変えようとするより、適当に従ってた方がマシ、そうすればみんな幸せなんだ、
と全く使えません。私は幸せではないので、ひとりで戦うことにしました。
まず、友達をばんばん家に招待し、姑がいても無視。
ババア特有の「そういえば○○(親戚や夫の兄弟)がねぇ・・・」という
いきなり固有名詞を出す話題への割り込みも完全黙殺。
または母とその友人を呼び、友達の多い楽しい老後を送っている母を見せつける。
その間、子供も当然姑には渡しません。
いいかげんしびれを切らしたらしく、先週の日曜、
せっかく親子3人水入らずで過ごそうと思ったところに押し掛け、
晩飯時まで居座った姑はついに文句をたれてきました。

姑:あのねえ、あなた毎日友達呼ぶのはいいけど、いい加減にしてくれない?
私:ハァ?だってここは私の家だし私の勝手ですよ。子供も喜んでるしいいじゃないですか。
姑:私や私の妹たちが〇〇ちゃん(息子)と遊べないじゃないの。
私:それは私の知ったことじゃないですよ。呼んでもいないのに勝手に来てるのはそっちだし。
姑:・・・とにかくもうちょっと私に気を遣ってちょうだい。
私:この子は身内にしか相手にしてもらえないような人間に育ってほしくないんです。
  だから今のうちにいろんな人に接して、友達がたくさんできるような社会性を身につけたいんです。
  身内以外の人間相手に気の利いた世間話ひとつできないようじゃ、人間としてカタワですからね。

姑はカン高い声で「むぅううううう」と唸ったきり、一言も返せませんでした。
あれから1週間経過しましたが、来るたび「たまにはお友達でも連れてきて下さいよ!」
と笑顔で言ってやるとすぐ帰るようになりました。明日も来るかどうか楽しみです。
長文スマソ。
記事No. 3157 |  スカ 1~10  5  |  TB(0)  |  コメント(1)  |  TOP▲
2008-05-02 (金)  11:44
851 :名無しさん@HOME :02/07/06 14:10
大したスカ話ではないのですが・・・。

何故か、二日に一度しか頭を洗わない姑に対して旦那が
「汚ねえなあ。毎日洗えよ!」
と言ったところ、姑が
「年寄り(と言ってもまだ五十代)は、二日おきでいいのよ!
ねえ、○○(私の名前)さんのお母さんだってそうでしょ。」
と、言ってきたので
「いえ、毎日洗っていますけど・・。」
と、言ったら姑
「ええ!!!」と、驚愕の顔。
勝手にダメージ受けていました。

自分の常識は、世間の常識と思い込んでいる姑なので、
何か気持ち良かったです。
(こうやって書いてみると、うちの姑ってアフォだなあ。)
記事No. 3156 |  スカ 1~10  5  |  TB(0)  |  コメント(8)  |  TOP▲
2008-05-02 (金)  11:44
812 :名無しさん@HOME :02/07/05 23:45
天然を装えれば最強かもと思った時。
いつものごとくアポなし襲撃してきた姑と遊びにきていた実姉がブッキング。
ちょうどアポなし襲撃その他について愚痴ってて
「今にも来るかも」と言ってた途端のタイミング。

姉は、キレイに座布団を外して一礼し、バカ丁寧な挨拶をした上で
わざとらしく私をはたく真似をして、アイコンタクトしてきた。
「やだ●子(私)ったら、◎◎(旦那実家地名)のお義母さんが来る予定だったなら
私が都合をきいた時にそういってよ。突然でびっくりして、失礼をするとこだったじゃない。
お土産も用意してないし。もうホントにスミマセン」
すかさず乗った私「違うよ、予定なんて今日はなかったんだから!」
姉「何言ってんの、もう○○さん(旦那)は一人前の男として、
新しく一家を構えて主になってんでしょうが。世帯主なんでしょうが。
そういう、よその一家を訪ねるのに、いくら親子だからって
普通は前もって知らせるでしょ。礼儀として。
友達の家だって、今から行ってもいいかの電話くらいするのが常識じゃない。
●子が忘れてたか、日にちを間違えたんでしょ」
私「おかしいなあ……そうでしたっけお義母さん? ごめんなさい」

小さい頃はその要領の良さに嫉妬もしたけど、即興芝居サンキューだ姉!
今度そっちに言ったら援軍に回るよ! 必要ないかもしれんが。


821 :812 :02/07/06 00:20
>814、815
一瞬おとずれた沈黙に耐えられず、別の話題を出して流してしまいました。
私も姉も子梨なので、これも恒例の「寂しいでしょうに」攻撃の
とばっちりを食らわせてしまいましたが、「別に寂しくないんですけど」
くらいしか答えられない私と違って、姉は「好きな人と結婚できて
毎日会えるし、友達もいるから、大丈夫です~
だいたい、この子(私)のどこが、寂しげに見えるんですか~!?
そんなに、いい年して寂しい寂しいって、泣きついてんですか~?」
などとニコニコ笑い通し。表面上、曖昧な笑顔のまま姑は辞してゆきました。
これ、もしかして相手に「悪気はないのかも」と思わせる技だったのか…?
感心してたら、後で「他人の姑だから言えたのかも」とも言ってましたけど。
記事No. 3155 |  スカ 1~10  5  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  TOP▲
2008-05-02 (金)  11:43
769 :名無しさん@HOME :02/07/05 17:57
母をいびり続けた祖母が亡くなりました。
寝たきりながら最後まで口だけ達者でした。
おとなしくて口答えしなかった母ですが
遺影の前に祖母の嫌いなナスを供えています。
記事No. 3154 |  スカ 1~10  5  |  TB(0)  |  コメント(3)  |  TOP▲