-------- (--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事No.  |  スポンサー広告  |  TOP▲
2013-02-10 (日)  13:56
442 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2013/02/07(木) 20:43:25.96 ID:YY7bYxYw
俺が養子だった… 半生を振り返って三ヶ月悩んだ
片親だったけど、そもそも母自体がいなかった

俺「なあ、こないだ知ったんだけど俺って…」
父「あぁ~(晩飯のシシャモを箸でほぐし飯に乗せながら)俺も養子だったよ
  ばあちゃんが昔商売してたじゃん?跡取がおらんしな…まあ店も親戚が継いじゃったけど」
俺「は?!……そうなんだ。……?…じゃ俺、誰の子だった?」
父「バイク事故で死んだ俺の大親友と大親友が選んだ世界一の美人さんの子だ。
。そしてお前は世界一賢い要素を持って生まれた俺の息子だ!でもな、俺にも意地がある。
父親の座は奴らには渡さん!今頃絶対悔しがってるしハハハ」


だからバイク免許に猛反対して… (´;ω;`)ブワ



今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 89度目
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1359190520/
スポンサーサイト
記事No. 12538 |   |  コメント(13)  |  TOP▲
2012-11-25 (日)  13:19
195 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/11/22(木) 09:25:49.20 ID:C3DrbADY

最近(今更)知った衝撃の事実・喪女版19

897:11/22(木) 03:18 0j4BB6Gx [sage]
上の方に戦争関係の話題があったので私も

仕事でどうしようもないミスをしてしまい次の日に仕事に行きたくないってふさぎこんでた時
家に帰りたくなくていつもは乗らない電車に乗って他県まで行ってみたんだ、仕事帰りに
そこは2chとかでは戦闘民族がいるとか未開の地だとかふざけて虚飾されていたりするんだけど、そこの大き目の駅で降りてお腹がすいていたので飲み屋っぽいところに入ったんだ
サンマ定食とビールを頼んでぼんやりと俯いていると臨席のおじいさんに話しかけられた
ずいぶんと負のオーラがでてた自分が心配だったそうだ
白髪で薄い髪だったが、左目の下に大きな古傷が印象のそのおじいさんに言っても仕方ないと思いつつ、聞いてもらえるのが嬉しくてべらべら愚痴ってしまった
しまいには嗚咽交じりになってしまった自分の背中をさすってくれて私が泣き止むとウーロン茶をご馳走してくれた
その時こう言ってくれたんだ

「私が君くらいの時は戦争があったから仕事の悩みなんてなかった。でも恐い上司はいたよ(笑それと大事な部下もね。君が悩んでいるのは仕事に真剣に取り組んでいるからなんだ、その事を自信に持って欲しい
いつか君が部下を持ったときに君が守ってあげられるよう、今はつらいが挫けてはいけないよ」

それから戦時中の話(陸軍の小隊長としてビルマというところで戦っていたそうだ)をしてくれて地雷原を突破する時にもう絶対ダメだと思ったこと、それでも生き残れたことを静かに語ってくれた
私は自分が修羅場だと思ってた事と地雷と弾丸の嵐の中を走れといわれた事とを比べて恥ずかしくなったよ
でもそれに加えて、この話をどこかで聞いたことがあるなと思ったんだよね、それは多分同じく戦争体験者の祖父の話(後出しですが祖父も私たち家族と一緒に暮らしています)
それで聞いてみたんだ、○川○○(祖父の名前)という名前に聞き覚えはありませんかと

それまでおっとりしていたおじいさんの背筋が延びたかと思うと私の顔をマジマジと見て「○川○○、上等兵。小銃の扱いに関して天才だった」と
私は驚いたが何とか孫である事を伝え、祖父が酔うと話してくれた戦争の話を話した
それでこのおじいさんとの話にずいぶん食い違いがあってさ

・祖父の話
要約すると戦地で足とお腹?を打たれて仲間におぶってもらってやっとのことで帰ってきた

・おじいさん(祖父の所属していた隊の小隊長)の話
祖父は小銃射撃の名手(いわゆるスナイパー?)でいつも危険な場面を真っ先に志願していた
ビルマ戦線で退却中に地雷地帯に迷い込んでしまい、退却速度ががた落ちになってしまった
その時に最後尾で敵を食い止めたのが私の祖父だが、その最中に銃弾を足と腹に受けてしまった
おじいさんたちは地雷の除去?で安全地帯を作ったあと祖父を省みたが倒れてて苦しんでいたそう
助けに戻ろうとした時に祖父が「俺はここまでです、一発で(頭か心臓を撃ってくれの意)お願いします(当時の日本軍人は捕虜になることが死ぬことより恥だった)」と頼んだそう
でもおじいさんはそんな祖父を見捨てずに地雷原の中に戻って祖父をおぶって逃げてくれた

祖父に聞いたときはなんてドジなじいちゃんなんだろ助かってよかったねと思ってたのにこんな真相だったとはえらい衝撃でした
祖父ばかりか孫の私までこのおじいさんに救っていただいて本当の意味で恩人です
このたび祖父と小隊長であるおじいさんが再会して、お酒を飲むことができたので記念にカキコ
長文失礼しました



196 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/11/22(木) 09:31:13.14 ID:++sqXgMW
>>195
>「○川○○、上等兵。小銃の扱いに関して天才だった」
かっこよすぎるw


199 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/11/22(木) 10:22:49.48 ID:uAXr3oFQ
>>195
たまたま入った店でたまたま近くにいた爺さんが自分の爺ちゃんと同じ隊にいて戦ってて
爺ちゃん助けてくれてたとかすごいな…
運命ですな


201 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/11/22(木) 10:29:08.84 ID:Z7it497A
>>195
感動した。映画のような話だ



勝手に今日輝いていたレス大賞in喪女板11
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1352548815/
記事No. 11798 |   |  コメント(22)  |  TOP▲
2012-10-03 (水)  15:45
578 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/09/27(木) 10:20:40.56 ID:Degs3Fxi
手術の家族待合室にいた高校生位の兄弟

兄「なー、母ちゃん本当は虫が嫌いだって知ってた?」
弟「え!知らない。洗濯物に付いたセミとか手で取ってたじゃん!」
兄「自分が怖がると俺らも虫が嫌いな子供になるからって、平気な振りしてたらしい」
弟「あー、そっか。そうなのか。俺、クワガタとかカマキリとか捕まえて見せてた」
兄「うん。でかいカブトも飼ったよな」
弟「そっかー、お母さん、内心ビビってたのかー」
兄「俺らの虫取り報告が一番つらかったってさ。ぷっ」
弟「ぷぷっ。一緒に図鑑調べたの、本当は嫌だったのかなー」
兄「人生で最大の難関だったって。ム、虫の・・・ふふふ、離婚より、俺を引き取ったことより、
 手でセミをつ…ぶふふふ」
弟「兄ちゃん、笑いすぎっぶぶぶぶ」
声を出さずにひとしきり笑った後にどちらかが
「手術うまくいくよね、俺達大丈夫だよね」とボソッとつぶやいてた

お母様が早くよくなりますように。



どうせ喪女だし耳にした会話でも晒そうぜ 33
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1346838689/
記事No. 11272 |   |  コメント(16)  |  TOP▲
2012-09-26 (水)  15:56
361 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/09/18(火) 23:26:33.37 ID:PgOJ2+Y6 [1/2]
バスの中で、女子中学生二人。保護者会だったらしい。

     「○○ちゃんのお母さんと、○○ちゃんそっくりだよねー。
      一目で親子って分かるね」
○○ちゃん「似てるでしょー?継母だから、血は全く繋がってないけどねーww」
     「え?えっ?あ、あの、ゴメン私知らなくて、ごめんなさいっ」
○○ちゃん「実の母親は男作って出ていったわw子供は邪魔だってw
      これ(腕を見せて)出ていく母親に縋り付いたら
      私の幸せを邪魔する悪魔って振り払われて、12針塗った傷ww」
     「・・・・・・・良いお母さん出来て、良かったね?」
○○ちゃん「良いお母さんでしょw
      自慢のお母さんだよ。大好き」

この後二人で少し泣いてたみたいだった。



どうせ喪女だし耳にした会話でも晒そうぜ 33
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1346838689/
記事No. 11201 |   |  コメント(14)  |  TOP▲
2012-08-15 (水)  12:38
689 名前:なご[sage] 投稿日:2012/08/10(金) 21:46:21.12 ID:8z7Yjphg0
盆に休みが取れなくて、有給取って一足先に祖父母の墓を掃除してきた。
隣の墓にも掃除してるおじいさんがいて、
「死んでからも拭いてやらにゃいかんのかい。全くもう…」
とブツブツ言いながら墓石をピカピカに磨いていた。
その後水汲み場で一緒になって話した。
奥さんが早くに寝たきりになって、ずっと介護をなさってたらしい。
「皺くちゃの癖になあ、毎日化粧するんよ。誰か来たら恥かしいってよ。口紅ワシが塗ってやるんよ。
今更恥かしい事あるかい、てなあ。化粧品たんまり余らせやがってなあ。
ババアの面塗ったくったのより、今の墓石の方がよっぽど綺麗だっつうに。
今だってまだ盆前だってのに、夢に出やがる。人来る前に綺麗にしてくれってよ。面倒くせえ女房だよなあ」
とまたブツブツ言いながら、そのわりに花は物凄く沢山飾って、もうピカピカの墓を私が帰るまでずっと磨いてた。よく見たら顔はニコニコしてた。
和んだというか、ちょっと泣きそうになった。



あなたの心がなごむとき~第67章
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1336795341/
記事No. 10787 |   |  コメント(7)  |  TOP▲
2012-06-30 (土)  15:04
803 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/06/20(水) 18:45:54.94 ID:HB7dF1M7
散歩中っぽい70代くらいのおじいちゃんと20代の孫

孫「じいちゃんこんなに背低かったっけ」
爺「孫が大きくなったんだw」
孫「いやいや、ここ数年でだよ」
爺「俺ももう歳だからなぁ」
孫「そっか、肩幅もこんなに狭かったっけか」
爺「はははw」


嬉しそうなじいちゃんと、ちょっと寂しそうな孫の
対称的な表情がやけに印象に残った

因みに、私のじいちゃんも会う度にしぼんでいってる気がする



どうせ喪女だし耳にした会話でも晒そうぜ 30
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1337504042/
記事No. 10372 |   |  コメント(7)  |  TOP▲
2012-06-04 (月)  14:15
155 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 21:39:39.05 ID:7UT6smmY
川原で花を摘んでいる小学1・2年生くらいの男児。

犬を連れて通りかかったおばちゃん(知り合いとかでは無さそう)「あら、僕綺麗ねー。ママにあげるの?」
男児「ううん。パパ」
おばちゃん「パパなんだw?。パパにプレゼント」
男児「んー?」
おばちゃん「パパのお誕生日?」
男児「パパのお誕生日知らない」
おばちゃん「そうなんだw?なんて言ってあげるの?いつもありがとうって?」
男児「南無南無チーンって言う」
おばちゃん「えっ?」
男児「パパはお仏壇にいるの」
おばちゃん「あ・・あの・・あの・・・なんか・・・ごごごめんね?」
男児「パパ、チーン」

男児はマイペースに花を摘んでいたが、おばちゃんは動揺して立ち去っていった。
私は、何となく仕事を辞めるのを辞めた。



どうせ喪女だし耳にした会話でも晒そうぜ 30
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1337504042/
記事No. 10111 |   |  コメント(8)  |  TOP▲
2012-05-17 (木)  13:33
824 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/05/17(木) 01:43:41.94 ID:OVgaU7ZW
数年前に亡くなったばーちゃんに似て、デカ輪郭で目が細くて顔パンパンな私だけど
ばーちゃん大好きだったじーちゃんが、私を見た時に穏やかに優しく微笑む事があるから
この顔で本当に良かったと、この年になって心から思うようになった
記事No. 9941 |   |  TB(0)  |  コメント(11)  |  TOP▲
2011-11-27 (日)  12:29
415 名前:名無しさん@12周年[sage]投稿日:2011/11/24(木) 12:49:02.23 ID:12Qtzt6wP
うちのボケじいさんは、京大出身
しかし今では飯の回数すら数えられないほどのボケ老人。

どんな大学出たって、ボケる時はボケる。


で、最近はばあさんに向かって「毎日ご苦労様です。ありがとうございます」とお礼ばかり言ってる。

そんな状態が1年半くらい続いて、半月くらい前に

「こんなに親身になってくれる方はなかなかいらっしゃらない」
「貴方は素晴らしいお方だ。もし独り身なら、ぜひ結婚して欲しい」と言ってプロポーズしてた。


ばあさんが号泣して、おふくろが尾頭付きの鯛で2回目の結婚式と言ってお祝いしてた。
記事No. 8293 |   |  TB(0)  |  コメント(13)  |  TOP▲
2011-11-26 (土)  13:41
593 :彼氏いない歴774年:2011/11/12(土) 22:48:55.99 ID:BRR546lK
さっきテレビでやってたんだけど、
「天国に持って行きたいものは?」 という質問に
「花束」と答えてたおじさん。
その理由が「奥さんに久しぶりに会うから」

素敵だと思った。



(日付が最近のものですが、コピペなので数年前のお話だと思います)
記事No. 8282 |   |  TB(0)  |  コメント(5)  |  TOP▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。